労災相談室

☎048-862-0355

弁護士費用

ご相談

初回の法律相談は30分無料です。
2回目以降のご相談は30分5,500円(税込)を頂く場合がありますが、担当の弁護士とご相談ください。

ご依頼

労災事件の処理を弁護士にご依頼される場合、弁護士費用としては以下のものがあります。


依頼された事件の成功不成功にかかわらず、事件等の依頼をされた時点でお支払いいただく費用です。


依頼された事件の結果に成功不成功があるものについては、その成功の程度に応じて、事件等の処理の終了時点でお支払いしていだだく費用です。 


費用として、特段の定めがない場合には、着手金・報酬金とは別に、収入印紙代、郵便切手代、謄写料、交通通信費、宿泊料、保証金、保管金、供託金、その他委任事務処理に要する費用です。 
以下に当事務所の労災事件の弁護士費用の基準の概要を掲載いたしますが、相談者の事情はおひとりおひとり異なってまいります。

当事務所では、弁護士が相談させていただいて当事務所の基準を前提に費用についても相談の上決めさせていただくことがほとんどです。

従って、相談の結果、弁護士からの提示された費用についてご納得いただけない場合に、お断りいただくことも十分可能です。すなわち、相談後に依頼するかどうかは相談者の自由ですので、「まずはご遠慮せずにご相談」下さい。

令和3年4月1日からの消費税総額表示の義務化に伴い、税込み表記に改めました。
表記に変更はありますが、弁護士費用や法律相談料の金額や計算方法に変更はありません。

 事件の経済的利益(※) 着手金 報酬金
 300万円以下 8.8% 17.6%
 300万円超~3000万円以下 5.5%+99,000円 11%+198,000円 
 3000万円超~3億円以下 3.3%+759,000円 6.6%+1,518,000円
 3億円超 2.2%+4,059,000円 4.4%+8,118,000円
※経済的利益とは…
 着手金の場合は、これから獲得を目指す金額をいいます。
 報酬金の場合は、現実に獲得出来た金額をいいます。

このページを印刷する