労災相談室

☎048-862-0355

弁護士の役割・相談の流れ

弁護士の役割


① 適切な補償及び賠償金額の算定とアドバイス
② 労災保険の申請手続のサポート
③ 納得の行く保険給付が受けられない場合の不服申し立ての手続
④ 事業主(使用者)に対する損害賠償請求等の「交渉」
⑤ 事業主(使用者)に対する損害賠償請求「訴訟」の提起

お電話にて法律相談のお申し込み

初回の相談は30分無料です。

 当事務所では法テラス(経済的余裕のない方の無料法律相談、弁護士費用などの立替制度)の利用もできます。
 まずはお電話にてご予約ください。

お電話での受付

 TEL :048-862-0355

ご来所・相談(初回相談無料)

依頼者の方のお話を丁寧に伺います。
事件を解決に向けて進めていくにあたって、いくら弁護士が適切だと考える道筋があったとしても、依頼者の方の意向を無視することはありません。来所いただいての打合せ時はもちろん、お電話の一本もおろそかにせず、依頼者の方のお話を丁寧に伺います。

*相談のみで終了

ご相談をお受けした場合でも、利益相反、専門外、その他の理由により受任に至らない場合もあります。


ご依頼

有能なスタッフのサポートがあります

当事務所には、20名を超える有能なスタッフが所属しています。所内外の研修などを積み、弁護士の業務を適切にサポートしていきます。


事件着手

迅速に対応いたします。
事件の適切な解決と共に、多くの依頼者の方の要求が「迅速性」にあることを肝に銘じ、適切な業務を速やかに行います。

一例を挙げれば、債権者からの督促に悩まされている債務整理の依頼者の方のためには、受任後迅速に債権者への受任通知を発送し、一刻も早く督促から解放するように努めます。